柳橋のヤクシカ

此度行われている抜毛は、エステティックサロンですと光を照射する光抜毛が多く、美病棟など医療関係のところでは、光より効果的なレーザーを照射するレーザー抜毛がが主流です。
これらは、毛根のようなケバイ部分に光やレーザーを照射すると発熱するというイベントを利用して、毛根周辺の細胞に負担を与えます。毛根周辺には、毛髪を成長させる細胞が集まっていますので、ここにダメージを与えるとその後毛髪は生育できなくなります。
さて、スキンの乾きや日焼けについてですが、乾燥している場合には、スキンの防止能力が落ちているわけですから、光やレーザーを照射したときの発熱に耐えられるかどうにか弱みになります。発熱時折多少の疼痛を感じますが、スキンが乾燥していますと、その疼痛がますます強くなります。また、普通でも発生するエネルギーによって小気味よい炎症を起こすことがありますが、乾燥してデリケートなスキンでは、厳しい炎症を起こす危険性もあります。それで、スキンの乾き情勢によっては、ケアできないといわれることもあるわけです。
次に日焼けですが、これはご存知のようにスキンの色が濃くなります。上記のようにケバイ部分に光やレーザーを照射しますと発熱決める。日焼けのスキンの場合には、その部分一帯が発熱してしまいますので、火傷の罠が大きくなります。それで、ケアができないわけです。
以外が乾きや日焼けしたスキンにケアできない理由です。ただし、ケア望めるできないはレベルにもよりますので、エステティックサロンや美病棟で相談してみるのが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です