エラフスホソアカクワガタだけどオオゴマダラ

ワイルドヤムはアメリカやメキシコに自生するヤマイモ科の植物だ。バストアップサプリメントになんでワイルドヤムが選べるかというと、ジオスゲニンというプロゲステロン(黄体ホルモン)に迫る元凶を組み込むからだ。
バストアップサプリメントにはエストロゲンのほうが必要なのでは、と想うお客もいるかと思います。確かにエストロゲンはうるおいのいるスキンやツヤの居残る髪、豊かな胸など、おばさんらしき体調にできるホルモンですので、胸加算インパクトも見込みしたいところです。
一方プロゲステロンは受精卵が乳児になるまでを想定してはたらくホルモンだ。そのため体調をおめでたした時とおんなじ状態にします。モイスチャーを取り込んでむくんだり、体温を上昇させたりミルクが張ったりします。こういうミルクが掛けるのは乳児に授乳するために乳腺が発達して胸が大きくなることですので、バストアップサプリメントとしての効果が高いとされているのです。
おばさんホルモンというとエストロゲンにばかり目線が赴き気味ですが、エストロゲンとプロゲステロンは2つで一つです。二つのバランスが崩れると生理不順になったり更年期様相を起こしたりします。プロゲステロンに迫る元凶を組み込むワイルドヤムを摂取するときに気を付けたいのが、エストロゲンとの兼ね合いだ。ワイルドヤムは天然の植物ですが、大量に摂取すると下痢やぷつぷつなどを通り越すことがあります。栄養剤は使い方や容積を守って摂取するように気をつけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です